レイアウトとナビ設定

ページのフォーマットを作ったら、設計図を基にページレイアウトやナビゲーション設定、リンク設定をHTMLによって行っていくことになるでしょう。基本的にはトップページからサイト全体を理解できるようなレイアウトを考えていきましょう。また、各コンテンツに移動可能な「入り口」になる部分を明示し、情報全体がどのように構成されているかが把握できるよう、ナビゲーションルールといったものを同時に提示し、オリエンテーション的な役割を果たせるようなデザインにしていけると良いでしょう。メニューをデザインする際には、テキストはもちろんですが、イメージマップやメタファといったものの利用を考えると良いでしょう。あらかじめ用意していた絵コンテや設計図に従い、それぞれのコンテンツに関連するページに、テキストやグラフィックスといった素材をレイアウトし、デザインを実際に起こしていくことが大切です。

コメントを残す